スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ<遊園地?

題名関係略茄子www
まぁこれは会話の内容が一日そんな感じだったわけで

3/28日にジョイポリスに行ってきたわけですよ


誰と?聞かないで下さいwwwww
とりまあれは端から見たらたぶん怪しいwww



とりま楽しんできましたww
ザ ハウス オブ ザ デッド 4に行って
ワイルドジャングル 同じくリバー
に行って飯
その後同じくウイングにって
ダークチャペルww
んでスピンバレット
ハーフパイプキャニオン
とまわりますた。

ザハウスオブザデッド4は半分までとかwwとてもやりきれない感ありまくるw
んでワイルドシリーズはそれなりに面白かったよw特にアニメ店長とバイキンマンが(ryww
とりまこのネタは行ったものにしか分からないww
んでダークチャペル?どうでも言いやww
スピンバレッドは短いねorzそれなりに楽しかったがww
ハーフパイプキャニオンの高知はとてもくやしかたwwwこれも行ったものしか分からないネタw
さて、ハーフパイプは浮く感があってとても怖かったのであるww慣れるまでは顔が引きつってたと思うwwwwwでもなれると楽しいんだなww
平衡感覚がw

さて、なんだかんだこれだけまわって満足したため、外でて辺りをプラプラ。


なんだかんだ楽しかったわけでだ。会話が腐ってはいたがなww
漏れ的には腐っていたほうがいいのだがw
んで会話の中でアニメフェア行けばよかた?って言う話になったわけでつ
漏れ的には別に楽しかったしぜんぜんおkだったんだぬ。個人的にアニメフェアは行っても人がゴミのようだで身動き取れなかったとおもた。


また是非行きたいぬ
制服(ry
スポンサーサイト

卒業。そして・・・

今日卒業式を迎えることになりました。
私も含め、今年度卒業を迎える方々。本当におめでとうございます。
今月31日で義務教育終了。
卒業とは何か。義務教育終了とは何か。そう言われると適切な答えを出すことは難しいですが、皆さんが思うのは別れ、門出…といったところでしょうか。
あまり趣味に関係ない記事は書かない私ですが、今回この日記を書こうとした理由として、今後私も大いに成長するわけです。そんな成長したときにふと中学の卒業式を思い返すときがくると思います。そんな中で当時のことを思い返すきっかけになったらと思い、当時の感動を思い出すものとして書いています。
さて、今日晴れて卒業を迎えることと成りました私。もちろん式中には泣きました。
答辞のワンシーンを担当していたので緊張で最初のうちは泣く余裕などありませんでしたが、終わった瞬間に緊張の糸が一気に解けてどっと感動の波が押し寄せました。
自分の過ごした中学校三年間。自分の中ではこの三年間、とても充実していました。

一年生の入学式から数ヶ月間だけが悔いに残ってますが、その数ヶ月間で学べたことも沢山ありました。生活委員に入るきっかけも出来ましたし、通知表で体育3をとって授業にもっと積極的に参加しなければいけないと思ったり…
野球部で毎日のように猛特訓。体は動かなくなり、筋肉痛は激しく、そんな中でも減らない外周三十周という数。
夏休みに鞭打ちをわずらい。
初めて迎える体育祭。小学校のころとは違い秋の開催でとても新鮮に感じたこと鮮明に覚えています。そして結果はどうであれ、全力を出してクラス一丸になったこと。
そしてはじめての合唱コンクール。小学校のころも小さいものがありましたが、それとは比べ物にならず、上級学年の歌には全身身震いする感じ。
後期の委員会も前期と同じく生活委員会に入る。
スキー教室は特にこれといった思いはないですが、やはりみんなと過ごす時間ほど楽しいものはないでしょう。
そして時は過ぎ二年。担任も以前と一緒。二年前期の委員会も毎回のごとく生活委員へ。
そして大して大きな行事もなく、二学期半ばに迎えた職場体験学習。生活委員会でついた委員長の座。三学期の東京班別行動。
「二年生は中だるみの時期だ」という言葉は何処に言ったことやら、そんなことは関係なく部活、授業、委員会活動へといそしんだ日々。一番時間が長く感じてそんな中で振り返るとあっという間に過ぎていた矛盾のあった日々。
そしてあっという間に三年になり、受験というものを意識し始める。担任は変わるもののクラスの面々は見慣れたみんなであり、たったの三百人強のうちの1/8である。環境も大して変わらず、委員長で目まぐるしい日々は月日がたつのを忘れさせてくれるもので。
そんな面子とすぐに向かえた修学旅行。京都、奈良へは一人で行くものだなと話しながらめぐった名所。そんな発言の中からも昔の自分とは違う成長した自分が見えるもので。正直な話、修学旅行のときはほとんどの人が名所の記憶なんてないでしょう。もちろん自分もたいした事を学べたという記憶がないです。スキー教室と同じでみんなとワイワイガヤガヤやって。そして学校総合体育大会。惜しいのかどうかというところはおいておいて地区大会ベスト8という結果。結局公式戦では一回も出番はなく、ずっとベンチでスコアの集計と敵の戦術解析、短長所の検索、味方の最善の戦略…二年のときに顧問は別の学校に赴任し、新しい顧問が変わりに入ってきた。その顧問である先生とも野球感があい、監督より俺の右腕になっているといわれたときはレギュラーになってホームラン王をとるよりもうれしかったと思う今日この頃である。負けたあの日、みんなは涙を流し、うつむいていたけれど自分はなぜか清々しい気分になっていた。それがなぜなのか、答えはもちろん一生懸命がんばったからであろう。
そして最後の夏休み。
最後の体育祭。結果は八位でしたがいい思い出です。
合唱際も最終的には入賞出来ず仕舞い。
ここからの半年の歳月はさらに早く感じあっという間に冬休みに入り、あっという間に入試。
良かった人も悪かった人もいたと思いますが、こんなものも今思い返してみればいい思い出であり経験になったのかなと。
そして最後の一週間。
大した行事はなかったけれど一番思い出深いものになったかもしれないこの一週間。
技術家庭模範生徒表彰。
そして今日の晴れ舞台。

こんな三年間の日々が過ぎ、三年間授業を受け、この三年間を糧にして、私は高校へと旅立つわけですが、自分はこの三年間が名残惜しい。
自分で積んできたこの三年間に嘘はつけるはずもなく、そんな今までつんできたものが見えなくなってしまうとやはり悲しみと絶望に駆られてしまうのである。
しかし、この積み上げてきたものがたとえ透明になって見えなくはなってしまったとしても、自分の背中に確実に積み上がっているものだと信じ、高校への道に一歩踏み出すと決めたのである。
いまさら後戻りは出来もしないが、それでもやはり戻りたいと考えてしまう自分がいる。
好きな言葉の中のひとつにこんな言葉がある。

「涙とは心の汗である」

卒業をおしんで流したこの涙。小学校の時には全く泣けなかったのに、中学校の卒業式では泣けてしまう。それは、ただ別れがつらいだとかそんな単純な気持ちではないのだろう。中学校で得たものが多すぎたのか、一生懸命やってきたから感動したのか。そんなことは良く分からないが、この言葉が正しいという仮定を立てた場合、やはり心が大きく成長したのではないかとそう感じるのである。

三年間こんな短い文章に収められるわけもなく、一から十まで当然書き記すことはできない。
しかし心には深く刻まれている。
それらすべてを背負い
そして。。。

俺の目にかわるものpart3

まったくもってつまらないブログを毎回お送りしている漏れでつ
…ちなみにこのブログ、どれだけの奴が見てるんだ?
なんて疑問をぶつけたくなるが正直こんなサイトに常連が3人も付いてくれること自体が奇跡なわけで…



さて、何かスコープ→眼鏡と続き次はなんだよと…

そうだね。プロt(ry
↑(古い)

いやいや、実はコンタクトを作りました。


え?せっかく眼鏡作ったのに勿体ないだって?
いやいや
コンタクトを作るために眼鏡を作ったんだよwww

え?意味ワカメ?
コンタクトを外した時に眼鏡を付ける必要があるからだとさぁヽ(´ー`)ノ

付けるの慣れませんが見やすいのは断然コンタクトですねぇ
目が疲れるのはあまりかわりないですがwww
はじめに
この度はカスタムのブログをご覧頂きありがとうございます。私はこのブログの管理人のカスタムと申します。 このブログはカスタムが管理する私的なサイト「かすたむのおうち」のコンテンツのひとつとして提供しています。まだかすたむのおうちの方に行かれていない方はそちらでサイトルール等をお読みの上で使用していただけると幸いです。
ブログ内検索
Twitter

pixiv
カテゴリー
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。